12ステップログラム 回復のプログラム

トップページ > ジャパンマックとは > 12ステップログラム 回復のプログラム

AAの12のステップ

  1. 1私たちはアルコールに対し無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。
  2. 2自分を越えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくれると信じるようになった。
  3. 3私たちの意志と生き方を、自分なりに理解した神の配慮にゆだねる決心をした。
  4. 4恐れずに、徹底して、自分自身の棚卸しを行い、それを表に作った。
  5. 5神に対し、自分に対し、そしてもう一人の人に対して、自分の過ちの本質をありのままに認めた。
  6. 6こうした性格上の欠点全部を、神に取り除いてもらう準備がすべて整った。
  7. 7私たちの短所を取り除いて下さいと、謙虚に神に求めた。
  8. 8私たちが傷つけたすべての人の表を作り、その人たち全員に進んで埋め合わせをしようとする気持ちになった。
  9. 9その人たちやほかの人を傷つけない限り、機会あるたびに、その人たちに直接埋め合わせをした。
  10. 10自分自身の棚卸しを続け、間違ったときは直ちにそれを認めた。
  11. 11祈りと黙想を通して、自分なりに理解した神との意識的な触れ合いを深め、神の意志を知ることと、それを実践する力だけを求めた。
  12. 12これらのステップを経た結果、私たちは霊的に目覚め、このメッセージをアルコホーリクに伝え、そして私たちのすべてのことにこの原理を実行しようと努力した。

回復のプログラム

われわれはマックのプログラムにしたがって、毎日グループセラピーを行っているアルコール・薬物依存症者の仲間の集まりである。
マックにおいて要求されることは、アルコール及び薬物のない人生を歩きたいという願いだけである。
マックのプログラムは自分自身にとって、アルコール・薬物等はどのようなものであったかを自分に正直にみつめる、訓練の場である。
司会者の提案は、われわれアルコール・薬物依存症者がこれから飲まないで生きるための道案内である。
なお、マックのミーティングで仲間から話されたことは、外部に対して秘密とする。

マックが使っている回復のプログラムはAAの12ステップのうち「1」「2」「3」を基礎としている。マックは、施設である。アルコール・薬物等が自分の人生にとってどのようなものであったかを見つめ、そこから回復していくための基礎を提供することがマックの使命である。
司会者はマックのカウンセラー(アルコール等専門)であり、自分の回復のプロセスと多くの経験を取り入れて提案する。このマックの提案にしたがった人たちはどんなひどい依存症者でも回復できることをマックから巣立ったAAメンバーが証明している。

ページトップへ

お問い合せ先
施設のご利用、ご相談は
こちらへご連絡ください
ジャパンマック事務局
03-3916-7878
各施設の連絡先はこちら
  • 病院・施設の皆様へ
  • ブログ