調査研究部

みのわマック創設時より、日本における依存症施設の先駆的な取り組みを行ってきたが、福祉や医療などの専門家なども交えた運営委員会による運営に移行していく中で、1995年より、専門家有志の協力もいただき、依存症分野における様々な問題についての調査研究を行っている。

1995年

アルコール・薬物リハビリテーション施設調査研究事業(三菱財団社会福祉助成事業) (報告書作成)

1996年

若者層のアルコール依存症プログラムの確立事業(リーバイ・ストラウスジャパン社員奉仕活動助成)
この事業の一環として、アメリカの依存症施設として有名なヘーゼルデンの書籍・ワークブック等を初めて翻訳出版する。

1997年

アルコール薬物依存症回復プログラムの紹介手助け事業 (社会福祉・医療事業団 長寿社会福祉基金事業特別分助成) (ワークブック等作成)

2001年

女性のための依存症回復プログラムの紹介導入事業(社会福祉・医療事業団 長寿社会福祉基金事業特別分助成) (報告書作成)

2002年

アルコール薬物等回復者カウンセラー養成(社会福祉・医療事業団 長寿社会福祉基金事業特別分助成) (報告書作成)
アメリカの依存症施設「ドーンファーム」の会長ジェームス・バルマー氏を講師として招へいし、交流が始まる。

2002年

女性アルコール依存症者サポートセンター事業(ファイザープログラム・心とからだのヘルスケアに関する市民活動支援) 
2004年も継続支援

2004年

アルコール依存症施設職員研修事業(独立行政法人福祉医療機構 長寿社会福祉基金助成) 
アメリカの依存症施設「ドーンファーム」のスタッフを招へいし研修会を開催する。 (報告書作成)

2004年

我が国におけるアルコール薬物等施設等職員の資質向上の為の研修と基本資料の翻訳事業(三菱財団社会福祉助成事業)
アメリカの依存症治療の歴史を詳細に記録し、基本的文献として著名な「Slaying the Dragon」邦訳名:米国アディクション列伝を翻訳出版する。

2007年

アルコール薬物依存症回復者カウンセラー養成研修(独立行政法人福祉医療機構助成)  (報告書作成)
「Slaying the Dragon」の著者であり、アメリカのアディクション分野の第一人者ウィリアム・ホワイト氏を招へいし、研修会・講演会等を東京・京都にて開催する。

2008年

平成20年度厚生労働省社会福祉推進費補助金事業として、ホームレスのアルコール依存症者就労支援プログラム開発モデル事業を実施し、東京・大阪にて事業報告会を開催する。(報告書作成)

2009年

平成21年度年賀寄附金助成事業として、アルコール・薬物等の依存症者のためのリハビリテーション施設全国調査研究事業を実施し、東京・大阪にて事業報告会を開催する。(報告書作成)
平成21年度厚生労働省社会福祉推進費補助金事業として、依存症者家族支援プログラム担当者全国調査事業を実施し、東京・大阪にて事業報告会を開催する。(報告書作成 pdf )

2010年

平成22年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成として、日本で初めての依存症者就労支援センター「マック・チャレンジサポート」をモデル事業として開設、東京にて報告会を開催する。(報告書作成 pdf )

2011年

平成23年度年賀寄附金助成事業として、依存症者家族支援プログラム担当者全国研修事業を全国六カ所(東京・札幌・大阪・福岡・名古屋・仙台)で開催する。(報告書作成 pdf ) 

2011年

平成23年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成の全国的・広域的ネットワーク活動支援事業として、アルコール依存症回復支援施設職員全国研修事業を全国四カ所(東京・新潟・札幌・京都)にて開催する。

※報告書等について希望の方は、ご連絡いただければと思います。
残部があるものについては、有償にて頒布できるものもあります。

調査研究事業部 武澤 

ページトップへ

病院・施設の皆様へ
調査研究部
報告書など資料
お問い合せ先
施設のご利用、ご相談は
こちらへご連絡ください
ジャパンマック事務局
03-3916-7878
各施設の連絡先はこちら
  • 病院・施設の皆様へ
  • ブログ