hr - オハナ

Women's Adiction support center
コンテンツに移動します
メッセージ
 ありがとうございます。アルコール依存症のHです。
 私は7~8年前に施設に繋がって、その時初めて出たミーティングがSさんのミーティングだったんですね。
 何を言っているかちょっとよく分からなかった。覚えてもいないしよく分からないですけれど。1年位経ってから頭もクリアになってきて、お酒をやめていくという、自分の中で覚悟みたいなものができた時にSさんのステップ(ミーティング)が毎週月曜日の午後からやっていたんですけれど。それだけは寝ないで受けていたというか、本当にSさんの話を聞くのがすごく楽しみで、毎週。
 ステップ2だったと思うんですけど、「ステップ2というのは、こうです…」と言って机、立って椅子に横に座って、おでこを床に付けて土下座をしたんですね。その時、施設の中で円になって座っているんですけど、本当にみんな黙ってその様子をただただ、見ているだけだったんですけれど。私はすごく、その印象というか、目に入ってきた時に涙がぽろっと出てしまって。そうやって自分の体で表現して、伝えて下さったなというのを今でも思い出すことができます。本当に色んな言葉を頂いて。
 私は本当に何もかも無くなって、施設にたどり着いたんですけど。あるのは少しの洋服とスニーカーが一つと、という感じで。バッグ一つで施設の寮にお世話になりましたけれども。本当に何もかも失ったと話をしたんですけれど、そうしたらSさんが「命があるじゃないですか。」と返して下さいました。命があるじゃないですか、その言葉は「私がM神父さんに言われた言葉なのよ」と言って下さって。本当に同じ気持ちを共有して頂いたというか。命があるから生きていけるんだなとその時思いました。
 本当に沢山、色んな言葉を頂いて。母とも離ればなれになって一人でこちらに引っ越してきたんですけれど、本当に見捨てられたと思いましたし、一人ぼっちになったと思ったんですけれど。Sさんは「突き放すのも親の愛なんですよ」と言って下さって。それもこう何か、自分の中にふわっと入ってきて。「あ、そうか…愛なのか」って。「私も頑張らなくちゃいけないな」と思って、プログラムも頑張ってやらなくちゃと思ったことを覚えています。
 でも、施設は2回スリップして辞めさせられてしまったというか、辞めてしまったんですけど…。今もAAには通わせて貰っていて、本当に沢山の仲間に支えられていて。今日もこうやってこちらに来られて良かったと思うし。Sさんのいろんな言葉で、本当に支えて頂いたというのを感謝してお祈りしたいと思います。
 Sさん、ありがとうございました。
〒114-0023
東京都北区滝野川6-76-9
エスポワール・オチアイ501,601
℡.03-3916-0851
障害福祉サービス自立訓練多機能型
(生活訓練、就労継続支援B型)事業所
事業所番号:1311701088
Women's adiction support center
コンテンツに戻る