ジャパンマック - ジャパンマック

特定非営利活動法人

ジャパンマック
★40年にわたる依存症回復支援の実績
★同じ苦しみから救いたいという願いの非営利活動
★公的支援制度を最大限活用した少ない費用負担
★一人ひとりの適性に応じた多様なプログラム

特定非営利活動法人

ジャパンマック
★40年にわたる依存症回復支援の実績
★同じ苦しみから救いたいという願いの非営利活動
★公的支援制度を最大限活用した少ない費用負担
★一人ひとりの適性に応じた多様なプログラム
特定非営利活動法人ジャパンマック
コンテンツに移動します
News

お問い合わせは、 関東 ☎03-3916-7878福岡 ☎092-292-0182

アルコール、薬物、
ギャンブル・・・
依存症は、『病気』です。
やめられない
    やめてくれない・・・

 お酒やパチンコ、ドラッグなど、やめようとしてもやめられないのは、依存症という病気になっているからです。ご自身や周囲の人たちも,意志が弱いとか、だらしがないとか決めつけていませんか?
 正しい対応についての知識を身に着ければ、回復は可能です。
 ジャパンマックは,様々な事業を通じて,多様な依存症に苦しむ方々の回復と新たな歩み直しを支援します。

やめてからが、はじまり
 
 病院に入院するなどして一時的に依存の対象から離れることは可能です。けれども、依存症を患ったきっかけは自分の中にあり続けます。ですから,退院してからふとしたきっかけであっという間にもとの状態に戻ってしまうことも少なくはありません。依存症には「回復はあっても治癒」はないと言われる所以です。
 
 やめ続けるためには、自分の中の「依存症」と向き合い、その特質を理解して正しく対処する術を身につけることが大切です。
どうしたらやめ続けられるのか? 

 それではどうしたらお酒やギャンブルなどのご自身の依存の対象をやめ続けることができるのでしょうか。
 
 そのために大切なこととして、私たちは、以下の4点をあげたいと思います。
 
①医療機関につながること。
 
②ご自身の生き方の問題への、無理のない向き合い方をみつけること。
 
③自分のやり方へのとらわれを捨てて、多くの人が実践しているやり方に取り組んでみること。
 
④それらのことが自然に行えるような人間関係を得ること。
 
これらは、多くの支援機関が共通して提案することであろうと思います。
 
そして、こうしたことを踏まえ、私たちのプログラムでは、依存症をわずらった当事者同士が「相互に回復を支え合う」ということを大切にしています。依存症をわずらった方やその家族の味わう苦しみの本当のところは、実際にその体験をした人でないとなかなか理解することができない面があるからです。
 
 ジャパンマックの職員は、その多くが実際に依存症の苦しみを経験してきています。職員自身がどのように苦しみ、どのようにそれを克服してきたかを、直にお伝えしていきたいと思います。
 
コンテンツに戻る